旧東海道 三重県関宿~津市芸濃 木どころ

片山神社 (R1 鈴鹿峠下り線 直下)

右へ登っていく

どんどん 100mほど

見上げれば、でっかい杉が見えてくる。左奥にも見えてくる。
向かって右側が 周囲500cm 樹齢約400年、左側が 周囲400cmある。
下↓の画像は大きい方。
ここは、当時(江戸時代)は東海道、いわゆる主要幹線道路、どれほど多くの人々が
行き交ったことか。各地からの大名行列も、一般の人々も、さぞにぎわっていたこと
だろう。その頃からここにある「杉」。
いろんなことを見てきたのだろう。


今では、すぐ頭の上を国道1号線、トラックがガンガン飛ばしていく。排気ガスいっぱい。
おまけに、片側下が崩れて根っこがむき出しになっている。
ガンバレ!杉ちゃん。

関宿 西の追分


赤坂頓宮跡(三重県亀山市関町木崎)

小学校と幼稚園の真裏にあたる。
この丘にいると、絶え間なく子供たちのにぎやかな声が聞こえてくる。
やはり昔昔から人々の集う場所だったのだろう。
それもにぎやかなことが大好きな人たちの。
伊賀市の「都美恵神社」を思い出した。
まったく同じだった。あそこも常に子供たちのにぎやかな声が響いていた。

ここから、前方の関神社(木立のところ、右遠方)にかけて土師器が出土しているとのこと。
また、この付近の地名を「姫御前」という。

関宿 東の追分
ここから名古屋方面と伊勢方面に分かれる

御厩の松 (三重県亀山市関町古厩)

つい最近まで(といっても古いが)、健在だった。
昭和57年に枯れてしまった。
なんとなく記憶にあるような気がする。
この横を車で走っていたのに。
人間の記憶なんて、アテにならない。
当時の写真が掲示されている。これ↓

大井神社跡地の碑

50mほど北東に離れて、ご神体の井戸跡がある。

椋本の大楠(三重県津市芸濃町椋本)




まだまだ元気。元気。葉っぱも元気。

近くに(西側)ある木。何の木だろう。
これでも相当大きい(樹齢200年くらいかな?) けどこの大楠の横だとかすんでしまう。

グリーンロードを南下していくと、安濃町戸島あたりに
ケヤキが4本、これがまたいい。

一番大きいもので、周囲350cm以上はありそう。樹齢も250年~300年くらいはいってるだろう。

旧東海道 木どころ(滋賀県甲賀市土山町編)

若王寺(土山町大野)の杉
樹齢300年以上(推定)


花枝神社(土山町大野)の杉
ご神木


【不思議なこと】神社を巡っていくごとに、今日はすべてのところで人にあった。
        いままでは、ほとんどのところで、誰にも出会わず、凛と張り
        つめた空気感と、時が止まった静寂のみが場を支配して、心洗
        われる時間を過ごすことが多かったのに。
        今日はやけに人のぬくもりと、にぎやかさと、土地土地のふれ
        あいを感じる。
ここでは、落ちた枝や草を掃除するオジサンにあいさつした。

川田神社(土山町頓宮)
杉、タブノキ、イヌマキ、シラカシ、カエデ他(大きくはないが)いろんな木々がいっぱいで楽しい


ここでは、枝葉をたくさん集めて境内横で勢いよく火をたくおじさんにあった。

垂水斎王頓宮址(土山町頓宮) 杉林


100mほど離れて 甲賀日雲宮(土山町頓宮)

大きくはないが、榊の木が「ここにいるよ」と話しかけてくるような感じがした。


ここを訪れたおじさん数人とすれ違った。

白川神社(土山町南土山)の杉、クロガネモチ


クロガネモチ

左右に


今、本殿を建て替え中で、屋根の上に職人さんが登っていた。
地元のおじさん二人が連れてきた犬(かなりの老犬らしい)と散歩。
近くのきれいな小川ではおじさんがイモ洗い。

旧街道沿いには、大きな木と祠が。 少し歩くとあちこちにある。 
昔昔から続く人々の思いが感じられる。
お地蔵さんを大事にして、木を大切にして、この場所を大切に守る。
そんな人々の思いが。


田村神社(土山町北土山)の杉


本殿の杉

この木はなんだろう?



七五三のお参りの家族が一組二組

熊野神社(土山町山中)のツガ?モミ?・・・たぶんツガ



鈴鹿峠

匠の祭り(滋賀県東近江市)

奥永源寺 木地師発祥の地で「匠の祭り」
地域: 東近江市2013年10月14日更新

匠の祭り
日時: 2013年10月25日(金)〜28日(月)10:00〜16:00
場所: 東近江市蛭谷町 筒井神社周辺(木地師資料館前)

 今月25日から28日まで、東近江市奥永源寺地域である蛭谷町で
 「奥永源寺 匠の祭りー木地師・工芸作家作品展ー」が開催される。
 木地師発祥の地に残る古民家に、地元の作家はもちろん、県内外
 からも木工作家、ガラス職人、陶芸家など16名の作品が集まるそうだ。
 会場には多くの作家が常駐しているので、作品について本人からじっ
 くり話を聞くことが出来るのもこのイベントならではの楽しみだ。
 2回目となる今年は若手作家が新たに参加する。呼びかけ人である
 蛭谷町在住の木工作家北野清治さんは「『この仕事で自分は飯を食
 っていく』という強い想いを持った若手作家に参加してもらっています。
 お客さんとの交流や作家同士の交流が彼らの成長の後押しになれば」
 と願う。
 土曜と日曜の午後1時からは滋賀県を中心に活動するシンガーソング
 ライター森本のりたかさんの野外ライブも開催。
 木の葉が色づく季節、奥永源寺の古民家で音楽に囲まれながら、
 手仕事に触れるひとときを過ごしてはどうだろうか。

DADA Joural  2013.10.14 記事より

(DADA Jouralは、滋賀県の湖東・湖北エリアを中心として
発行している地域情報誌です。)

頭之宮四方神社の杉

頭之宮四方神社(こうべのみやよもうじんじゃ)
三重県度会郡大紀町大内山


お滝さん


★やはり「杉」という木の迫力には 身が引き締まる気持ちがする。
 杉という木の持つ性格なのだろうか。
◎いろんな木を見るたびに思うことだが、、、、
 (私の勝手な想像です。お許しください)
 木と人間の血液型を当てはめたらこんなんじゃないかな。
 A型  杉 ・ ヒノキ  【 多数派、まっすぐな性格、律儀 】
 B型  クスノキ    【 天真爛漫           】
 O型  イチョウ    【 広い心            】
 AB型  ケヤキ     【 ちょっと違う         】

・・・・・・・独り言でした。






神様、ありがとうございました。