茨川

茨川(いばらがわ)
滋賀県東近江市茨川町
人口ゼロの町


↓ 折戸のトンネル

紅葉まっさかり

山が燃える

今日は一年のうちで今しかないというような日

↓ あれま 通行止め

仕方ないので歩いて行こう

↓ 悪いかなあ と 思いつつ

邪魔しないように 「通らせてもらってよろしいですか」 と

声をかけたら ハイいいよ と手招きしてくれました

無事通過

工事の業者のみなさん ありがとうございました。 (5名ほどみえました)

↓ 燃えるような赤

↓ 黄色

↓林道終点

↓ 着きました

ここがあの 山本素石さんが愛した 茨川

↓ 50年近く前(昭和40年ころ)までの人々の暮らしの跡があちこちに

もちろん当時は林道なんてない

車もない

電気も水道もガスもない

交通手段は徒歩のみ

君が畑へ抜けるか員弁へ抜けるか

員弁市北勢町新町のほうが近い

この奥が 素石さんが泊まったという家の敷地址がある

基礎石や柱の残骸や瓶などがあり

ここかあと 感慨にふける

さらに奥の住居跡近くには

落羽松(らくうしょう) 7~8本はある

一番大きいものは樹齢250年くらい

国道163号線沿いのケヤキ

R163 三重県伊賀市上阿波

道の北側にある

うっかりしていると通り過ぎてしまう

ケヤキ

 

周囲350cmくらい

樹齢は250年~300年くらいかな

立ち姿がきれい

東の長野峠へ向かう街道沿いに

江戸の昔から行きかう人々を見送ってきたのだろう

旧長野峠のケヤキ

長野峠 国道163号線

三重県津市美里町平木、美里町北長野、伊賀市上阿波にかけての一帯に

初代、二代目、三代目のトンネルがある

初代は明治18年(長さ216m)、二代目は昭和14年(長さ約300m)、

三代目は平成20年長さ1966m)、初代トンネルができる以前は、

飛鳥奈良時代から明治時代までの旧峠のルートを通っていた

↓現在では入り口は完全にふさがれている

上下に明治、昭和のトンネルが見える  このはるか下に平成の新トンネルがある

明治の道、今は誰も通らない道

明治のトンネルは想像していたよりはるかに大きく立派

明治14年に自動車が行き交っていたはずはないし

軽自動車くらいならすれ違えるほどの幅がある明治のトンネル

結構幅のある道の痕跡をたどっていくと

実りの秋が  ムベの実(ときわあけび、ともいう)

風を切る音、静寂のみ

どこからかブルドーザーの機械音

風を切る音は北風の音ではなく風車だった

明治、昭和、平成

ここは暗くて古いトンネルだけど

誰も通らない道だけど

それぞれの道をつくるのにどれほどたくさんの人が働いていたのか

静寂の中で

静かに耳を澄ませば

明治の、昭和の、平成のたくさんの人々のにぎやかな声が聞こえてくる

 

道路脇の整備された広場には大きなケヤキが立っている

周囲200cm以上はあるかな  樹齢は150年くらいかな

ここの歴史を全部見てきたのだろう

たくさんの人々に話しかけたのだろう