見付けましたよ 乾さん

矢田宮の旧蹟らしきもの
矢田宮やたのみや 伊勢市楠部町字口矢田

そこは、
「県道・鳥羽松阪線を神宮神田の東側で南に折れてガードを潜って、
少し進むと二反ばかりの田圃のところまで行くことができる。
その田の先に矢田川が支流と合して出来た清流の場があり、左の
支流に沿って遡って行くと、沢に作られた山田が何枚か続いている。
その一番奥の左側の尾根の上には、二つの穴が並んでいて、近く
に石垣の一部や岩などもあり、自然と鳥居の穴跡、磐座とも思い
たいほど、旧蹟の風情が感じられる森であった。」
伊勢の神宮(ヤマトヒメミコト御巡幸のすべて) より

「・・・尾根に続く山道に分かれる。私はこの山道を登っていった。・・・・
私はその二つの穴も石垣の一部も見つけることができなかった。
とにかく上へ上へと歩いて、尾根の上に出た。そこは以外にも
平らな空間が広がっていた。杉の若木にほかの広葉樹らしい木
も交じって、足元には羊歯が密生している。このあたりなのでは
ないかと思った。」
乾規江 著  「倭姫の旅」より

ほんとうにあるのだろうかと思い、確かめに行ってきました。




橋を渡り左の流れに沿って進む

倒木があってもかまわず進む




どんどん進む

一番奥の田んぼが見えてきた(田んぼと言っても、もう何十年も放置されているような)

この奥を左の尾根に登っていく

尾根口から田んぼを見るとこんな感じ

登り口から40~50メートルほどで現れる
羊歯に覆われているが左右の窪みがわかる

直径1メートルはありそうな穴、井戸のような壁面はいかにも人工物に見える。
きれいな円形で左右に二つのうちの一つ。
この向こう側には石垣が積まれている。

北へ少し行ったところのピーク

何かの跡のような

ここまで来る道は倒木やら蔓やらで、おそらくめったに人は来ないだろうと
思われる。私のような物好きが年に一人二人くらいだろうか。
でも、実際に旧跡らしきものを発見できて満足でした。
できればもっと詳しく調べたいと思っています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

三寺界隈 (亀山市、津市)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
北風強く、空青く抜けた日、散歩をすると



大クス


中ノ庄から豊里ネオポリスへ抜けると



下ノ庄へ戻る

樹齢150年くらいの桜の木

まだ大雪の季節なのに、春が芽を出す
ふきのとう

収穫

こんな平和がいつまでも続きますように。

今や、東京では エライ先生方が勝手放題にしておられるが、
一体、この世界をどうしようと、思っているのか。
あるいは、どうにもならないと思っているのか。
ロシアの向こうでは、大騒ぎをしているし、
この世界は争い事ばかり。
憎しみから何が生まれるのか。
憎しみで平和を作れるとでも思っているのか。

満水のお風呂にさらに船を浮かべようとしている。
水があふれることがわからないのだろうか。
思えば昔、太いゴム紐の片方の端を相方の口にくわえさせて、
小ネタを言いつつ、もう片方の端を「離さないよ、離さないよ」
と言いながら突然離すお笑いコンビがいたが、
A首相、「国民のために、日本の国益を考えて」と言いながら、
いきなりゴム紐の端を離すのが、
目に見えてくるようで。