加太研究2

日本人が富士山を空気のように感じ、
礼儀作法を自然に行うのと同じように
加太民にとっては、
ここは当たり前すぎて
意識になかったが、
しかし、歴史的価値はいたるところにあった。

牛谷の行者山(行者山というのは板屋にもある)
踏切を越えて行者山に向かう↓

右手に仏ケ平山頂と中部電力鉄塔 右から105、106、107を見ながら登る↓

尾根道は痩せて延々と続く↓

大峰山とか比叡山とか、そこまでではないにしても
行者さまが現れても不思議ではない↓

西には名阪国道と中在家を望む↓


息が切れ切れ、心臓バクバク、これこそ修行じゃ
やっと三角点に着いた↓


下山して加太駅より仏ケ平を見る↓

ついでに錫杖ケ岳↓

もひとつ向井から仏ケ平↓

大自然いっぱい、いいとこですよ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

加太歴史研究1

仏ケ平にて(三重県亀山市加太市場の三角山)
カーブミラー横 104号鉄塔から登る


↓ 樹齢150~200年くらいの木を右に見ながら



↓ 105号下に着いた

↓ 経塚がある 般若心経600巻が埋められているという
横には古い神様の樹が

↓ 大般若経塔 と読める(この向かって右面には文政九年・・・とある、1826年)

↓ 〇神福〇〇健〇 (〇部不明)

↓ 読めない!

↓ 錫杖ケ岳

↓ さらに上を目指す


↓ 106号に着いた

↓ 錫杖と左に久我

↓ 107に着いた 東に寒風(さぶかぜ)

↓ 107越しに沓掛



↓ 仏ケ平(ほとけがひら) 山頂
 窪地は小屋とか小さな祠とかなにかの跡ではないだろうか



そういえば一番最初の登り口左、JR線北側に
寺院のような祠のような建造物の跡がある。
まだ、そう古くない時代まであったようで
屋根瓦などが散乱している。
その裏山斜面には古いスダジイがあり
いかにもな雰囲気がある。
また、次回調査。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村