大村神社の杉

三重県伊賀市阿保

御祭神
本祀
      大村の神
配祀
      武甕槌命(たけみかづちのみこと)
      経津主命(ふなつぬしのみこと)
      天児屋根命(あめのこやねのみこと)
合祀
      応神天皇
      大日孁貴命(おおひるめむちのみとこ)
      市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)
      天押雲命(あめのおしくものみこと)
      大山祇神(おおやまづみのかみ)
      火之迦具土命(ほのかぐつちのみこと)
      大物主命(おおものぬしのみこと)
      事代主命(ことしろぬしのみこと)
      建速須佐之男命(たけはやすさのをのみこと)
      月夜見命(つきよみのみこと)
      水波能売命(みずはのめのみこと)
      多岐里毘売命(たきりひめのみこと)
      速玉男命(はやたまおのみこと)
      狭依毘売命(さよりびめのみこと)
      多岐律比売命(たきりつひめのみこと)
      稲田姫命(いなだひめのみこと)
      宇迦能御魂神(うかのみたまのかみ)
御由緒
      大村神社は延喜式神名帳に載っている古社で、主神の大村の神は、阿保氏族の
      始祖、息速別命(いけはやわけのみこと)と申し、今から凡そ二千年程前の神様
      で、第十一代垂仁天皇の皇子、伊勢の神宮を奉鎮せられた倭姫命の弟君にあた
      られます。当社の鎮座する阿保村は伊賀東南部に位置し、古くは奈良・京都か
      ら青山峠を越えて伊勢・東国に抜ける街道の要所で阿保頓宮も置かれていまし
      た。又、当社の鎮座する地は、息速別命の宮室が築かれていたと伝えられます。
      大神様はこの地域一帯の開発・開拓された土地の守り神として、また地震除災
      の大神様として古今御神威を発揮され、多くの人々の信仰をあつめています。
地震守護「要石」
      境内に「要石」が奉斎されております。
      創祀は、神護景雲元年(767年)、相殿奉祀の武甕槌命・経津主命は常陸下
      総からの三笠山遷幸の途次、当社に御休泊、「要石」を奉鎮せられました。こ
      神石は台地をしっかり護って下さる有り難い霊石です。

      ゆるぐとも よもやぬけまじ 要石
        大村神の あらんかぎりは

      この呪文は古くから伝えられ、地震守護を願う人々のあいだで唱えられて参り
      ました。御霊験は著しく、ことに安政元年伊賀上野大地震には、不思議とこの
      地方は難にまぬがれたと伝えられています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>