伊勢市楠部のクスノキ

皇女の森 (こじょのもり)
 ジャスコ新伊勢店の北方の田園の中にこんもりした森があります。それが皇女の森で
あります。雄略天皇の御代、天皇の皇女でありました栲幡皇女(たくはたのひめみこ)
は稚足姫(ワカラタラシヒメ)ともいわれましたが、天皇の命により斎王として雄略二
年にト定(ぼくじょう)せられることになり、御年十七才でありました。
養育係の盧城部武彦(いおきべのたけひこ)と乳母の栃女が付き添い群行され着任され
ました。武彦は一生懸命に斎王にお仕えしたのであります。それがかえって仇となり仕
官達から妬まれ斎王と武彦との関係をあらぬ噂を流す者がいました。ついに武彦は父に
よって殺され栲幡皇女は死して身の潔白の證しをたてようと自害されたのであります。
御陵墓は五十鈴川の川辺にある皇女の森に静かに眠られていると伝えられています。
 ●●●●● かんこう三重HP より
その後、帝の命により調べたところ、腹中に氷のような物が有っただけで疑いは晴れ、
告げ口した者は処罰されたと言われています。

現在、そこには大土御祖神社に同座されている宇治乃奴鬼神社々域という碑が立って
いるだけです。

クスノキが元気に枝を広げている。樹齢は250年くらいかなあ。
この伝説の時から数えて何代目の木になるのかなあ。
クスノキ以外の木があったときもあるのかなあ?
いや、この常世の国の、穏やかな気候に合うのはやはり、クスノキでしょ。

大土御祖神社  ↓↓画像↓↓
 楠部町の五十鈴川橋を渡るとこんもりした森が見えてきます。ここに皇太神宮の摂社
大土御祖神社(おおつちみおやじんじゃ)と国津御祖神社(くにつみおやじんじゃ)が
あります。大土御祖神社の御祭神は大国玉命(おおくにたまのみこと)と水佐々良比古
命(みずささらひこのみこと)、水佐々良比賣命(みずささらひめのみこと)との三座
が祀られています。楠部の守り神と、楠部の農耕を助ける水の神をお祀りしたものであ
るといわれています。同じ神域に祀られている国津御祖神社は御祭神に宇治比賣命と田
村比賣命の二座をお祀りし楠部の守り神様であります。田村比賣命は、楠部の御田や村
落の守り神様であると云われています。
●●●●●● かんこう三重HP より

櫲樟尾神社 ( くすおじんじゃ )


櫲樟尾神社(くすお神社)と大土御祖神社(おおつちみおやじんじゃ)と
国津御祖神社(くにつみおやじんじゃ)はほんとに隣どうしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>