関大尉とジャネット・妙禅・デルポートさん

15年以上前に読んだ本の内容がずうっと心にひっかかっていて
また、読んでみました。何度も何度も。

関大尉を知っていますか         光人社 刊
ジャネット妙善デルポート[著]  服部省吾[訳・監修]

関行男大尉 に関すること

本文⇒⇒
「我々五人は、神風特別攻撃隊敷島隊だ」
フィリピンのマバラカット飛行場から、1944年(昭和十九年)十月二十五日
午前七時二十五分、三菱A6M5とM2、零戦五二型と二一型の混成の五機が、
それぞれ二百五十キロ爆弾を装着して飛び立った。
「別れの言葉をかわして我々が最後の出撃と思って台地を離れるのは、これで
四度めだ。初出撃は二十一日だった。こんなに長い間、我々を責めさいなんだ
苦悩を、言葉で言いあらわすことができるだろうか?」

関行男と谷暢夫(二十歳)、中野盤雄(十九歳)、永峰肇(十九歳)、大黒繁男
(二十歳)の面々は、油断なく四周を警戒しながら、三時間二十分も飛んで
行かなくてはならない。そして、空中戦にまき込まれてはならないのである。
空中戦はきわめて困難であっても生きのびるチャンスがあるであろうが、
与えられているのは必死攻撃を行う任務なのであって、その任務は彼らが
死ぬことによってはじめて完遂されるのである。

「近づいてくる死を、しっかり目を開いて見つめなくてはならない。」
敵のレーダーに捕捉されないよう、低空で飛ぶよう命ぜられていた。
「我々は幻影のように、海面をなめるように低く飛んだ」(彼らは米艦艇の
九百メートルあたりに接近するまでレーダー探知されなかった)
そして高度約三千メートルまで急上昇してから急降下に移った。軽くてきゃ
しゃな戦闘機は本来、重い爆弾を積むようにはできていなかったので、
急降下に入って速度に増していくのに応じてうまく操縦することが、
体当たり命中するためには極めて重要だった。関大尉は、もともと艦上爆
撃機(急降下爆撃機)のパイロットとして訓練を積んだ人であったから、

零戦パイロットとしての空中戦の腕前はたいしたことがなかったかもしれ
ないが、急降下の腕前はたしかであった。今や、それを示す時なのだ。
「我々に命令する人たちは、死ぬわけではない。我々を感動的ではあるが
苦悩にみちた出陣式をして送り出し、そして彼らはあとに残るのだ。
彼らも桜花であるはずなのに、枝にくっついて残る」
どうして、このようなことになったのか。
「技量の限りを尽くして、今この生命を終わろうとしている。この身体が粉々
に砕け散ったら、魂は突然烈しく肉体をはなれるのだろうか?こうして飛ん
でいる我々は、もう死んだも同然。
大西長官は言った。『君たちは生きながらにして既に神である』 しかし、
心臓は鼓動しており胸は悲しみにみちて涙は流れてやまぬ。母よ、妻よ、
友よ、ふるさとよ!我が死に、どんな意味が・・・・」

関大尉よ、安らかに。
私たちはあなたのことを語り伝えよう。
←←本文

ジャネット妙善デルポート氏 に関すること

本文⇒⇒
私は1945年(昭和20年)7月、南アフリカ生まれである。
私も独りっこで、おまけに酉年生まれ。しかも同じように母の手ひとつで
育てられた。
はじめてケープタウンに来た先祖、ディルクという若い貴族はオランダ海軍の
見習い士官だった。彼は二十三歳でした。

四歳半の時、すでに日本のことを知っており行ってみたいと思っていた。

九歳になるとノートに日本のことを書きはじめ
自主学習により十五歳で一応の日本語を話せるようになっていた。

「いつ日本へ行けるのだろう」と考えながら、机のふたに1955と恐るおそる
書いていた。

1968年、二十三歳の私は、日本の仏門で僧籍に入った
1968年に私は名古屋で妙ないきさつから浄土真宗のお寺と連絡をとる
   ようになり、そのお寺の仏教青年会に入会した

1978年、私はあるお寺に僧侶として住み、幼い息子と二人で暮らしていた。
私のいた山寺は、谷川を見おろす険しい山の中腹にあった。そこは神道と
仏教の旧蹟にはさまれた場所だったので、さまざまな伝説や神話があった。
寺は、あまりに人里はなれたところにあったので、1977年に私たちが住む
ようになる前は、二年ほど住職もいなくて荒れほうだいであった。
三重県の片田舎の古い木造寺院。

1989年
私は十二月のある朝、まだほの暗い中で目を覚まし、手枕をして横たわり天井を
見上げていた。ほの暗い中で天井は奇妙な具合に見えた。いま何時ごろなのだろ
うかと思い手探りしたが、時計は見つからなかった。そして何気なく手の甲で目を
こすったが、その時どういうわけか、自分のまつ毛が短くて真っすぐだなあと感じ
た。
その時、自分の心が物悲しい気持ちでいっぱいになっており、それは、この朝が
自分の人生最期の朝だと思っているからなのだと気づいたのである。そして、とに
かく起きなければ、起きて飛行服を着なければ、と思った。そう思いながら内心、
私は何故こんなことを思わなければならないのだろうかと、いぶかしく感じてもいた。
一瞬、自分は誰なのだろうか、とも思った。そこでガバッと起き上って座りなおして
みると、私は私。ジャネットなのであった。
しかし、まだ何か心にひっかかるものがあったので、また私は横になった。これは
日本人の若い男性の気持ちが私の心の中に浮上しようとしているようだ。そう感じ
て私は、ふたたび急いで起きなおった。
私には、いまだになぜかよくわからないのだが、とにかくそのとき私は非常に若々
しく健康で、身心ともに鍛え上げられた若者の気分になっていたのである。
これが、どのような誰であるのかは見当がつかなかったが、なんとなく軍人である
ような気がしていた。ひとつだけ確かなことがあり、そのためにこのとき目が覚めた
のだが、私が心に感じた若者こそは、なぜ私の半生が日本に引き寄せつづけられ
てきたかという疑問にたいする回答なのだ、ということであった。直観的に私はこの
若者の生涯を追認しようとして生きてきたのだと思った。
そこで、書かれたものを次々と根気よく調べていった。
私の心の若者が、なに者であるのか、誰なのかということに思い当たったのは、
スーパーマーケットで買い物を終えて駐車場を横切っていた時である。コートの襟
を立てたとき、その肌ざわりが飛行服の襟のように感じたのであった。私は駐車場
を歩いていることを十分承知していたのに、自分があたかも操縦席におさまった若
者であるかのように思えたのである。
若者は両膝の間にある操縦桿を、しっかり握っている。このことが彼の心をすっかり、
とりこにしている。その操縦桿の重要なこと。
もうひとつ彼の心を占めているものは、恐怖心を押さえつけようとする懸命の努力と
非常な苦悩である。もはや、この世の誰とも生きて再開することができないという
思いもある。心が何かがっしりとした突破不可能な壁にぶち当たって、にっちもさっ
ちも行かないような感じである。誰もかつて経験したことのないこの極限状態で、
どうしたらよいのか。悲鳴を上げるか、小便をたれ流すか、手当り次第に何か激烈
なことをやるか。・・・・・・・事すでにここに至る。
煙の臭いと炎の熱が感じられる。臭いには何かしら甘い香りにピリピリする悪臭も
まじっている。機体が銃弾をうけたのはわかっている。対空火器にやられたのか?
彼は怒りをおぼえる。これは、新たな心の変化である。
爆発が起こり、全然苦痛は感じないまま、自分が爆発したものから急激に離れる
のを感じる。彼の身体と愛機が砕けて無数の破片となり、大海原へ散っていくのを
目撃する者はいないのか。
怒りの念はつづき、やがてそれを表現する手だてである肉体が存在しなくなったこと
による無力感がとって代わる。熱と爆発と怒り、それに、何でも分けへだてなく受け
入れる冷たい大海原がいっしょにないまざった、無言の言語で表し得ない詩・・・。
これらが頭に浮かんだとき、私は吐き気をおぼえた。

ともあれ、私の夢はそれ以後もずっと続いた。夢は鮮明で輝きを持っており、細かい
ところまではっきりしていて、体感や感情の動きまでともなったものであった。私は
何度となく、涙にくれた。

1995年5月
はじめて伊予の土を踏み、昔あなたが暮らしていた家に上がり、あなた方の写真
(満里子さんの、何と愛らしいこと!)を拝見し、あなたの手紙を読ませていただい
て、私は、すっかり「参って」しまいました。
そのあとで、あなたのお墓にお参りしましたが、お名前を刻んだ石碑の立っている、
あの一角には日本的なものがすべて集中し凝縮しているように感じられました。
夕方、宿に帰った私は、父が亡くなったときより、もっと、もっと悲しく泣きました。
嘆いても嘆いても、嘆きは尽きない気持ちでした。

関大尉の墓前に立った私は、ぽつねんと立っている墓石と向き合った私は、哀憐
の情で胸がいっぱいになり、お墓の向こうに沈む夕日を見つめながら、寂しさと
ともに心に重く沈むものをおぼえた

翌々日の午後早くに、私は「神風の伊勢の国」三重県の伊勢市にいって、昔なじ
みのお寺を訪れ、友人と旧交をあたためました。このあたりは、かつて私が雲水
として修業をしたところなのです。
友人のお寺へいく途中、明野航空学校のそばを通りました。
行ったのは山ふところのお寺で、毎朝、屋根の上でさわぐ猿の声で目をさまされ
るようなところです。

伊予への旅で、予期しなかった体験が一つあります。それは、自分自身を外人
としてとして素直に受け入れることができるようになったことです。
思い出をたどれば、鏡に自分の顔をうつして、日本人のような顔ではないので
醜いと思っていた時期がありました。
初めてもらった日本人形のきれいなガラスの瞳を見つめながら、当時まだ十歳
くらだった私は、こんな顔だったらいいな、日本人の女の子だったらよかったの
に、と思った。
変化をはっきり自覚したのは、三カ月たって九月にふたたび伊予を訪れたとき
です。関大尉が観たと思われる映画を観たり、歌ったと思われる軍歌を聴いた
り、あなたの故郷を訪れたりして、あなたの生涯を追体験したことは、自己認識
の変換に錬金術的な効き目があったように思います。

もうひとつ気がかりだったこと、それは1979年に住んでいた山寺のことです。
このお寺は、ダム建設のため村も墓地も全部移転することになって、そのため
廃棄されるかもしれなかったのです。このお寺を出てから、瑠璃堂と薬師如来
像を何度も夢に見ました。
ところが西条から三重県へいき、かつて1969年に剃髪をしてくれた老僧に会っ
たところ、この僧はもと寺のあったところにきれいな記念碑が建っているのを見
につれて行ってくれたのです。そして移設された瑠璃堂にも案内してくれまし
た。新しい場所に移されたお堂が、ていねいに手入れされているのを見て、
本当にほっとしました。

二度目の伊予への訪問で、名古屋空港に出迎えてくれた友人たちは、車で
一時間ほどのところにある寺へ案内してくれました。見なれた周囲の景色に、
ああ何と心のなごむ思いがしたことか!
翌朝、伊賀上野へ向かいました。
伊賀流忍者屋敷にも行ってみました。

円徳寺へと向かいました。住職が関中佐と私の関係は、と聞くのです。
「関係」ですって?

この旅は、この世のものと、あの世の人の、両方に心の安らぎを求めるため
の旅。さあ、涙をふいて、西条というところを満喫しましょう。そう思った。

←←本文

以上のような内容ですが、
結びは【悲しみはもう終わった】 で締められています。
「悲しみはもう、ほとんど終わった」
「悲しむだけ悲しんですむと、つぎの場面が展開しそう・・・」と

関中佐と私(ジャネットさん)の関係は?
誰にもわからないと思います。
本人たちにもわからないと思います。
円と円が交わる部分では、二人は同一人物であるかもしれないし。
関中佐の意識は今ジャネットさんの中にあるかもしれないし。
それを解明することはそれほど重要なことではないような気がします。
時間は止まってはいないから。
水も風も木も台地も、
太陽も変化し続けているのだから。
魂も永遠に同じ形であり続けることは不可能だから。

それよりも・・・
ジャネットさんが、自分自身の意識が確実に変わり始めていると感じ
た時からあとの、あらゆる出来事が、小さなことからすべてのことが、
生きているからこそ感じられる喜びに満ちあふれています。
あのときの死を乗り越えて、今は本当に幸せになれたんだと思える、
この共感がすばらしいです。
生きること、平和なことの大切さを実感します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>