無関心が日本を導く

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日刊ゲンダイ記事より (gendai.net)

「小さいおうち」原作者・中島京子氏が語る安倍政権の危うさ、怖さ
                               2014年2月8日 掲載

注目の人直撃インタビュー

中島京子さん
10年に同作で直木賞受賞/(C)日刊ゲンダイ

 山田洋次監督の映画「小さいおうち」(松竹)が評判だ。戦争がいかにして、ふつうの
人々の生活に忍び込んでいくのかを描いたものだが、ゾッとするのは今の時代との類似点
だ。ちょうど、幻に終わった昭和15年の東京五輪が決まった頃で、人々は五輪招致と
好景気に浮かれている。日中戦争が始まるが、誰も悲惨な結末を予想せず、三越の戦勝
バーゲンなどに足を運び、「勝った」「勝った」と騒いでいたのだ。「今の空気に似てい
て本当に怖くなる」とは映画の原作者で直木賞作家の中島京子さん。安倍首相に映画と本
を見せたいくらいだ。

■安倍政権になって民主主義の底が抜けた

――小説を書かれたのは2008年ですよね。小さなおうちに戦争の影が忍び込んでいく。
ついにはおうちは焼けてしまう。驚くのは本当に戦争が悲惨になるまで、ふつうの人々に
悲愴(ひそう)感がないことですね。裏を返すと、人々が気づかないうちに、戦争が泥沼
化し、気がついたら後戻りがきかなくなった。戦争って、そんなふうに始まるんですね。

教科書には満州事変があって、日中戦争、太平洋戦争が始まり、学徒出陣があって終戦み
たいな歴史的事実だけが書いてありますよね。みんな反対したけど、戦争になった。ハチ
マキ巻いて竹やり持って戦ったと。でも、祖母からは当時も三越で買い物したとか聞かさ
れていて、何か教科書に書かれているのとは随分、イメージが違うなと思って、調べ始め
たんです。そうしたら、当時の人々も買い物に行くし、子供の受験で悩んだりして、結構、
ほのぼのとしているんです。今の私たちとメンタリティーが変わらなかった。そうしたら、
非常に親近感を覚えましたね。

――当時の人々がとりわけ勇ましくて、戦争に至ったわけではないと。我々と同じメンタリ
 ティーの人々だったのに、気がついたら竹やりを持つようになっていたと?

時間を追って、戦争の経緯を背景に人々の日常を調べていったら、怖くなりました。今も
また、いつの間にか、ハチマキを巻き、竹やり持ってしまうんじゃないか。そういう可能
性があるわけです。この小説を書いたのは安倍政権の前です。当時は「もしかしたらちょ
っと怖いな」という感じでした。でも、一昨年、安倍政権が誕生し、あっという間に時代
が進み、今は「もしかしたら」が外れた感じがしますね。本当に私、怖いです。

■景気がいいと批判力を失ってしまう

――特定秘密保護法を強行採決し、靖国参拝し、今度は集団的自衛権の行使容認に向け
 て、「検討」を明言しています。

なんだかんだ言って、平和憲法があるから砦になると思っていたら、あっという間に突き
崩されようとしていますね。特定秘密保護法も、その成立過程を見ると、いつの間にか言
論統制が入り込んできた戦前とよく似ている。治安維持法みたいなものが、このタイミン
グで法制化された恐怖というか、戦後、私たちが信じてきた民主主義や言論の自由が、
底が抜け、骨抜きになったような気がしています。

――しかし、安倍政権を多くの人が支持している。戦前も同じですね。みんなのほほんとし
 ているが、日中戦争を始めた近衛政権を支持していた。

背景として、景気がよかったことがあると思います。満州事変が起き、軍需景気があって
輸出産業は大きく伸びた。だから、戦争が始まった時も日本人は景気がよくなると歓迎し
ちゃった側面はあると思います。デパートは大繁盛だったようですし、景気がいいと
批判力がなくなって、現状を肯定してしまう。当時も軍事、外交をやっている現場の人は
すぐに停戦し、この戦争を拡大してはいけないとわかっていたのに、メディアと国民が
戦争を支持したものだから、おかしな方向に行ってしまった。

――アベノミクスによる株高も人々に冷静な批判力を失わせているような気がします。

 近衛さんは不拡大方針を唱える一方で軍備を増強した。日本は軍事力の強さを見せつけ
た方がいい、そうすれば、相手は怖がる、とそんな発想だったんですね。それが完全に
裏目に出た。今、安倍政権の周辺では同じようなことを言う人がいるでしょう?

――実際、防衛費は拡大し、自衛隊には海兵隊機能を持たせることになりました。

 そうやれば、相手が日本は強い、負けたと思うでしょうか? 思わないと思いますよ。
軍事力の増強はお互いに火に油を注ぐ結果になる。それが歴史の教訓なのではないでしょ
うか。靖国参拝する一方で、軍事力を強化し、タカ派路線を邁進(まいしん)している
安倍政権は、そうやればいい気持ちになる国内の一部の人々に向けて行動しているように
見えます。一生懸命に日中の友好関係を築こうとしている人々はいっぱいいるのに、首相
の言動は非常にせつないですね。

■いつの時代もメディアが先走りして空気をつくる

――批判力といえば、メディアも安倍政権の暴走をチェックしないどころか、あおっている。
 そんな側面がありませんか?

「小さいおうち」には睦子さんという婦人雑誌の編集者を登場させています。この睦子さ
んが髪形をひっつめにしなければいけない、などと言うのですが、いつの時代もメディア
が先走りするんですよ。まだそんなに戦況が悪くなっていなくて、言論の自由だってあっ
たのに、メディアが先走って、「節約しましょう」とかやったわけです。最後は婦人雑誌
が「敵をひとりでも殺せ」と。ノンブル代わりに毎ページに書いたりしていました。世の
中の空気をメディアが率先して醸成していく。それが当時の日本でした。

――今も似てますか?

 NHK会長の恐ろしい発言だけでなく、原発反対の官邸前デモもほとんど報じられませ
んでした。大江健三郎さんが演説しているのに無視してしまう。報じてはいけない自主規
制、自粛みたいなのがあるのでしょうけど、そこが当時と非常に似ていて、これが日本人
のメンタリティーなのであろうかと怖くなります。

――そうやって国民全体が戦争になだれ込んでいく?

 小説を書くにあたって、最初はざっくり、当時書かれた小説をいっぱい読みました。そ
れから新聞、雑誌、手記、日記を資料にしました。永井荷風の断腸亭日乗、山田風太郎、
高見順、伊藤整らです。人によって違いますが、真珠湾攻撃のときは肯定的に「よくやっ
た」みたいに書いている人もいましたね。日中戦争が長すぎて、泥沼化していたものだか
ら、日米開戦で未来が開けるような気がしたのかもしれません。

――閉塞感が無謀な勇ましさを求めてしまう?

 それはあったと思います。それまで日本人は戦争を始めて、首都を制圧すると勝ったと
思っていた。しかし、南京が陥落しても、向こうは戦争を終わらせなかった。親きょうだ
いを殺されて憎しみがあるのですから当然です。抗日運動が激化し、それを潰すために
戦線は泥沼化した。イラクもそうですが憎しみは永遠に続くわけです。近代の戦争は敵の
大将の首を取ったら終わりではない。だから、そういう憎しみを生まないようにすること、
至ってシンプルなことです。それなのに、安倍政権は対中関係の緊張をあおっている。
盧溝橋事件は一発の銃声で始まったことを考えると、日中の船が行き交う尖閣の緊迫は
本当に怖くなります。当時のことを調べてわかったのは、一度、戦争の空気が醸成される
と、日本人は竹やりまで行ってしまうことです。だから、普通の人、何も考えていない人
がそうならないようにしないといけない。今の時代を見ていると、切実にそう思います。

◇なかじま・きょうこ/1964年生まれ、東京女子大卒。出版社勤務を経て、
 小説家に。2010年、「小さいおうち」で直木賞受賞。最新作は「妻が椎茸
 だったころ」(講談社)。

注: ひっつめ=ひっつめ頭とは、髪の毛を全て頭頂部後ろあたりで縛る髪型のこと。
   ノンブル=印刷用語。 印刷物で、ページ数を示す数字をいう語。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>