見付けましたよ 乾さん

矢田宮の旧蹟らしきもの
矢田宮やたのみや 伊勢市楠部町字口矢田

そこは、
「県道・鳥羽松阪線を神宮神田の東側で南に折れてガードを潜って、
少し進むと二反ばかりの田圃のところまで行くことができる。
その田の先に矢田川が支流と合して出来た清流の場があり、左の
支流に沿って遡って行くと、沢に作られた山田が何枚か続いている。
その一番奥の左側の尾根の上には、二つの穴が並んでいて、近く
に石垣の一部や岩などもあり、自然と鳥居の穴跡、磐座とも思い
たいほど、旧蹟の風情が感じられる森であった。」
伊勢の神宮(ヤマトヒメミコト御巡幸のすべて) より

「・・・尾根に続く山道に分かれる。私はこの山道を登っていった。・・・・
私はその二つの穴も石垣の一部も見つけることができなかった。
とにかく上へ上へと歩いて、尾根の上に出た。そこは以外にも
平らな空間が広がっていた。杉の若木にほかの広葉樹らしい木
も交じって、足元には羊歯が密生している。このあたりなのでは
ないかと思った。」
乾規江 著  「倭姫の旅」より

ほんとうにあるのだろうかと思い、確かめに行ってきました。




橋を渡り左の流れに沿って進む

倒木があってもかまわず進む




どんどん進む

一番奥の田んぼが見えてきた(田んぼと言っても、もう何十年も放置されているような)

この奥を左の尾根に登っていく

尾根口から田んぼを見るとこんな感じ

登り口から40~50メートルほどで現れる
羊歯に覆われているが左右の窪みがわかる

直径1メートルはありそうな穴、井戸のような壁面はいかにも人工物に見える。
きれいな円形で左右に二つのうちの一つ。
この向こう側には石垣が積まれている。

北へ少し行ったところのピーク

何かの跡のような

ここまで来る道は倒木やら蔓やらで、おそらくめったに人は来ないだろうと
思われる。私のような物好きが年に一人二人くらいだろうか。
でも、実際に旧跡らしきものを発見できて満足でした。
できればもっと詳しく調べたいと思っています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>