鹿伏兎城跡

鹿伏兎城(白鷹城) 三重県亀山市加太市場

山頂部分が城跡、その山裾にJR加太駅と神福寺

畑の右奥から登山道へ(市場地内西端、ここからが正面ルート)

JR線路を渡る

池を右回りで登り始めるとすぐに


その先 岩山の上に石仏、優しい優しい表情です 

もうすぐ頂上(右方向へ)

・・・・・とここまでは右回り
池を左回りで行くルートは

風雨や倒木で朽ちかけた石仏群が見えてきます



石仏の右側側面には地元で聞きなれた苗字の名前が、それぞれ一体一体彫り込まれている
いつの時代が知れないが、寄進された人の名前であろう。姓名ともあるので明治か大正か
昭和初期かわからないけど

先ほどと同じところへ出てくる

頂上城跡へ着いた


虎口

石垣



土塁と廓跡


廓跡の南、城山頂上斜面に枯れた古木がある

少なく見ても直径1M以上はある
いつ枯れたのかはわからないが
枯れた時点での樹齢は相当なものだ
500年以上かもしれない
この木はここに人々の生活があった頃を見てきたのだろう
ここはいつから人々の姿が消えてしまったのかわからないが
住む人がいなくなった家は急速に朽ちていくのと同じように
この木も主を失って枯れてしまったのか
この山の尾根伝いにはスダジイがたくさん見られる

東の尾根口、眼下には 牛谷、大和街道(国道25号線)、市場の家並が一望できる、
侵入者の動向が一目瞭然

南西の尾根口、向井、梶が坂が一望できる


ここは頂上

虎口から廓跡をながめていると当時の人々の
生活が見えてきそうで

平常時は下の城(市場西端)で生活して、戦時には山頂の城にこもったのか
どうかはわからないが、
戦国時代、城、などというと、毎日のように刀や槍で戦っていたかの
ようなイメージをしてしまうが、実際には、戦(いくさ)なんてそうそう
あるものでもないだろうし、何年も(南百、何千日も)なにもない日が
続いて、ほんの短い期間だけ非常時があり(それは一族の存亡にかかわ
ることだろうが)、だからこの空間では、ほとんどの日がただ淡々と
日常が続いていたのだろう。なにげない家族の会話があり、笑いがあり、
ときには涙があり、生活の便利さが変化しているだけで、いまと何も変
わらない生活があったのだろうと想像すると感慨深いものがある。

城跡から尾根伝いに北西へ進むと

これぞ馬の背

尾根沿いにはスダジイが



林道に降りる手前の斜面に穴が、人工物に違いない
伊勢の矢田宮跡で見たものとよく似ている



※注意  ここまではピークをいくつも越え、枝尾根が
     いくつも分かれているので、必ず、山岳地図と
     GPSナビを携帯してください。迷います。

さて、次は、鍛冶ケ坂城跡に向かいます。


旧道(大和街道)を東へ

峠を左へ登ります


城跡 西の尾根ピーク
眼下に街道が見下ろせます
見張りには最適
ここを通った歴史上で有名な人物といえば
大海人皇子、徳川家康

鍛冶ケ坂城跡

土塁、廓跡らしきもの

峠の斜面にはスダジイの大木が

●おわり●
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>