加太研究2

日本人が富士山を空気のように感じ、
礼儀作法を自然に行うのと同じように
加太民にとっては、
ここは当たり前すぎて
意識になかったが、
しかし、歴史的価値はいたるところにあった。

牛谷の行者山(行者山というのは板屋にもある)
踏切を越えて行者山に向かう↓

右手に仏ケ平山頂と中部電力鉄塔 右から105、106、107を見ながら登る↓

尾根道は痩せて延々と続く↓

大峰山とか比叡山とか、そこまでではないにしても
行者さまが現れても不思議ではない↓

西には名阪国道と中在家を望む↓


息が切れ切れ、心臓バクバク、これこそ修行じゃ
やっと三角点に着いた↓


下山して加太駅より仏ケ平を見る↓

ついでに錫杖ケ岳↓

もひとつ向井から仏ケ平↓

大自然いっぱい、いいとこですよ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>