今 日本人の役割

世界の平和が急速に失われつつあるけど、
地球上のすべての人々が平和に暮らせる日はいつ訪れるのか、
そのために日本人の役割はなんなのか、

人々の争いが泥沼化してきている、
赤道近辺の国々で頻発する争い、
原因は何なのか、
怒りの連鎖、
宗教の違い、考え方の違い、
生活レベルの違い、貧困、
知識教養の違い、
人種、自分とは違うと見えてしまうこと、
国境、土地、財産、お金、資源、
所有欲、
暑さのせい、

国家、部族、人種、地域、すべての代表が集まって、
「みんな、仲よくしようよ、
 今までのことはもういいから、
 これから地球の未来のために、
 私たちの子供や孫や子孫のために、
 このすばらしい世界を残そうじゃないか」
って握手する、ハグする、
その様子を全世界に中継する、
今、地球に暮らすすべての人に見てもらう、
テレビがなければ、スマホがあるじゃないか、
スマホを持っていない人があれば、
主要国がお金を出してすべての人が中継を見られる台数を
配ってあげればいいじゃない、それくらい安いもの、
使い方がわからなければ、
世界中に行って教えてあげればいいじゃない、
その技術やソフトや人材は、日本人の得意とするところ、

なにより肝心なのは、
国家、部族、人種、地域、すべての代表を一同に集めることを、
誰が呼びかけるか、
この人の言うことなら従おうと思える人、
世界中に名の知れ渡った人、
すべての代表を納得させられる人柄、
すべての人類を納得させられる声、
とにかく集められれば大きな前進、
代表のなかには、もちろん、イスラム国と呼ばれるところも、
アルカイダも、ウィグル自治区も、タイの反発する両勢力も、
東京でヘイトスピーチをしている団体も、されている側の代表も、
沖縄の知事も、政府の辺野古埋め立て責任者も、
フーリガンも、中国共産党も、台湾の青年代表も、
ジョンウンも、
人を殺してみたいと思っている若人も、
自分は生きていても意味がないと考えている少年も、
いじめている人も、いじめられている人も、

そんなすべてに呼びかけることのできる人って、

ポール・マッカートニー、
レディー・ガガ、
ストーンズのおじちゃんたち、

世界のたけちゃん、
シャラポワ、

ジョン・レノンが生き返るか、
マイケルが生き返るか、
オードリー・ヘップバーンが生き返るか、

白雪姫、
ドラえもん、
ハイジ、
悟空、

全人類がお互いわかりあえれば平和になるんだけどなあ、

まず、みんなが会って、もうケンカしないって約束して、
それから、その場で、お互いなにをどう援助し合えるか、
話し合って決める、
物欲があるので、いつまでも結論がでないので、
そこは、たけちゃんか、
ドラえもんか、ガガさまか、
ポールか、
ハイジが、
ここはこうしなさいと決めてあげる。

その会場のライブ中継をすべての人々が目にする、聞く、
地球の未来のために、そうしなければだめなんだと、
みんながその気持ちを共有する、
まずは一歩前に進む、

そして、
負の考えはどういう結果をもたらすか、
ということを映像で見せる、
これはスマホの得意とするところ、
わざわざ手入力しなくても、
負のイメージを連想すれば、
スマホがその脳波を感知して、画面上に警告を表示する、
そういう機能を開発する、
オバマ大統領が空爆の決定をしようとすると、
彼の脳波をスマホが感知して、
手に持ったスマホ画面に逃げ惑う市民の姿が写し出される、
子供を失って悲しむ母親が写し出される、
その母親の顔がズームアップ、なんと自身の母親の顔、
動かない子供は自分の幼少期の姿、
黒装束の男がナイフを突き刺そうとすると、
その脳波をスマホが感知して、
画面に悲しむ母親の姿が映し出される、
その母親の顔がズームアップ、自分の母親、
遺体は自分自身、
いじめる子供の手にもスマホが、
ジョンウンの手にも、
ヘイトスピーチの男女の手にも、
人を殺してみたいというヤカラの手にも、

自分の行動が世界にどう影響を与えるか、
想像しない、できない人間が多すぎる、
せっかく地球の人間に生まれることが許されたのに、
この幸せを喜ばずにどうする、
人間になれない、地球に住めない、
と苦しむ人々がたくさんいるのに、
今いる自分に感謝しないでどうする、
自分を育ててくれた両親、大地、空気、水、
すべてのものに感謝しなきゃ、

人材、
技術、
考え、思考、
人間の物質的部分よりも精神的部分で、
世界に貢献すべきところは、
日本人としてたくさんある、
「みんな仲良くやろうよ」
って日本人が言わなければダメなんじゃないか。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>