山の手入れ

もうかれこれ15年ほど
世話をしていない山
父が亡くなってから
荒れ放題なので
最近その気になってきた
春が来る前に
間伐、枝打ち
ボチボチ がんばるぞ

↓ ビフォー

↓ アフター

一日かかってもこの程度
樹齢30~40年の杉、ひのき 5本(崩れて倒れ掛かっていたから)
(本来はもっと小さいうちに間引きする)
枝打ちは梯子もロープも使わない、高枝のこぎりで楽チン
最長6.2mの本格プロ仕様
チョット高額だったけど、梯子から落ちてケガするするよりは安上がり
しかし、このペースだとうちの山全部終わらせるのには、
今の仕事辞めて、毎日冬の3~4か月、晴れた日にやったとしても
何年かかることやら、気が遠くなってくる。
仕事辞めるわけにはいかないし、
ということで思いついたのが、
「今、目の前にあるこの立派な杉、
 これが50年経って有名なお寺の柱にでも使えれば幸せだな、
 子供や、孫の世代に役立てればそれでいい、
 全部いっぺんにしようと思うのはやめて
 まず、目の前のこの1本を世話しよう」
と、気楽に考えることにした。

今日は暖かい
もう家の前の里山ではウグイスが鳴いている
今年初鳴き
梅も満開



↓蠟梅(ロウバイ)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>