屋久島  ~ 縄文杉編

樹の神様の12番目の弟子としては
屋久杉を語らずして樹を語るわけにはなるまい、
屋久杉を見ずにして樹を見るわけにはなるまい、
てことで、屋久島

↓ 開聞岳も雲に隠れて

↓ 高速船トッピーで、鹿児島港~屋久島宮之浦港1時間40分
  ふつうのフェリーだと4時間かかる


↓ まずは白谷雲水経へ向けて歩き出す


This is the Miyazaki Hayao World

↓ 辻峠

↓ 楠川別れからトロッコ道を歩く

↓ ウィルソン株にて

↓ 中から見上げる

大正時代の昔、ハーバード大学の植物研究のウィルソン博士が調査に来たという。
当時の写真が数十枚残っていて、それは、現在もハーバード大学のある研究機関の
ホームページに保管されているらしい。そこにアクセスするにはパスワードが必要
だが、私にはわからないので、残念ながら当時の貴重な写真は見られない。
しかし、恐るべし「ハーバード大学」
現在の入り口には、昔、鳥居が立っていた、90度左の部分から出入りしていた。
その部分は端材で隠して入れないようにしてある。

↓ さらに登っていくと ヒメシャラが美しい 
  すでに標高は1,000mを越えている

↓ 着いた 縄文杉



今では展望デッキの上から遠く眺めることしかできない

現在は左側のデッキがあるのみ、右側は最近撤去されたとのこと。
理由は「中心部が空洞の縄文杉の強度に保障がなく、万が一倒れたとき、
デッキに人がいたら誰が責任を取るのか」、と関係者の間で話し合われた
らしい。しかし残念だ。近くへ寄ることもできないのか。数十年前は、
縄文杉に背もたれてお弁当を食べていたんだと。
現在では縄文杉には誰も近づけないし、触ることもできない。残念だ。
でも自然は手を加えないことこそが大切なんだ。
このデッキの手すり下に監視カメラが設置されている。林野庁職員が
チェックすると、たま~に深夜の時間帯になにかの物陰が写っている
らしい。どうも野生動物ではなく、明らかに二足歩行する生き物のよう
であるとのこと。自然を大切にしよう。人類の世界遺産なんだから。
ちなみに、数年前、前方に出ていた枝が台風で折れた。その落ちた枝が
現物は屋久杉自然館に展示されている。

↓ 高塚山の東 約200m にある 東屋にて一泊
 長い、寒い、厳しい夜が、 明けた


標高1300m 体感気温0度 あられ、打ち付ける雨、木々の枝を振り乱す横風、
もちろん目には見えない、真の闇の中。耳から入ってくる音だけで想像力が
恐怖感を増す。ありったけの衣類を着込んで寝袋に入っても極寒が襲ってくる。
東屋の床に張ったテントに入ったのが19:00頃。これから翌朝05:00まで10時間、
耐えられるのか。
硬い床と慣れない枕替わりのザックで腰と頭の痛みに度々寝返りを打つ。
5分寝ては方向を変え、5分寝ては角度を変え、
その間も、絶え間なく雨はたたきつけ、風はうなり、雷鳴はとどろき、
見えないからこそ恐怖が増す。
真の闇も目が慣れてくると物が見えてくるのか。
テントの薄い幕を通して微かなキラメキが、
目を開けているのか目をつぶっているのかわからなくなってしまう。
夢をみているのか、現実の世界にいるのか。
夢と現実の境目がわからない。
「生と死」もこのように感じるのだろうか。
神経が研ぎ澄まされてくるのがわかる。
この厳しい環境に身を置くことが、苦しみであるはずなのに、
喜びに感じてしまう。
どちらが夢でどちらが現実なのかわからない。
杉の古木たちが
「どうだ、この厳しさに耐えられるか!?」と問いかけてくる
夢と現実の中で感覚が鋭くなってくる。
神様に少し近づけたかな。
そんなのは思い込みだ、大自然はそんなに甘くない。
夢の中にいると時間の感覚さえも麻痺してしまうのか、
明らかにまだ2~3時間程度しか経過していない、
腕時計を見たくない、「まだ、21:00だったらどうしよう」
何度も思った。ヘッドライトをつける決心がつかない。
とうとう耐えかねて時計を見た。
薄明りに針は04:00をさしている。
なんと。
長い時間、あるいは短い時間、さまよっていた。
人間の感覚なんてあてにならない。

↓ ささやかなごほうびに 朝日の当たる 縄文杉を見ることができた


さて、下山
↓ いたるところに切株が
 薩摩藩のころか、明治か大正か
 根本部分は使い物にならないので、ある程度上のまっすぐな部分から
 切るために足場が必要になる。その足場を組んだ跡が見える。








↓ 防空壕のあと

太平洋戦争当時は上空の米軍機からはこの線路が丸見えだった。
つまり屋久島は伐採によりハゲ山状態だった。
トロッコ道は軍事施設だと思われて空襲を受けた。
左手すぐ向こうは刑務所の跡・・・屋久杉の伐採に労働力が必要だった。
それだけ労働力が不足していた。



↓ 川原には観光バスよりも大きな岩がゴロゴロ

↓ モウセンゴケ
屋久島のコケは美しいたくさんの種類がある。 



↓ 昨日、白谷雲水峡口からスタートして
 荒川登山口へゴール






つづく

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>