大皇器地祖神社(滋賀県東近江市君ケ畑町977)の杉

大皇器地祖神社(おおきみきじそじんじゃ)

祭神は惟喬(これたか)親王(文徳天皇の第一皇子)
後継者争いを逃れこの地に隠棲した
親王は、ろくろを使って木製品を加工する技術を伝えたことで、木地師(きじし)の祖とされている
木地師とはろくろ(轆轤)を用いてお椀やお盆などの木工品を製造する職人のこと

鳥居をくぐるとすぐ

一番大きいと感じる杉
周囲600cm 直径190cm 樹齢約550年(推定)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>