楠大明神(伊勢市宮川1丁目)

楠大明神は渡会橋東詰から宮川堤を下流(北)へ約250mのところにある

【案内板】
「市天然記念物  境楠    昭和33年12月22日指定
 境楠の名前のいわれは、もと御薗村の一部であった中川原(明治元年
 宮川町と改めて山田村へ編入)と旧山田との境界に位置していたための
 ものと考えられます。
 樹齢は明らかではありませんが、胸高直径8m程の巨木で、地上2.5m
 あたりから三枝にわかれて、一見逆さに生えているように見えるので、
 俗に逆楠とも呼ばれています。」
現在の宮川町と中島町のちょうど境にある

右から左まで全部クスノキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>