旧東海道 三重県関宿~津市芸濃 木どころ

片山神社 (R1 鈴鹿峠下り線 直下)

右へ登っていく

どんどん 100mほど

見上げれば、でっかい杉が見えてくる。左奥にも見えてくる。
向かって右側が 周囲500cm 樹齢約400年、左側が 周囲400cmある。
下↓の画像は大きい方。
ここは、当時(江戸時代)は東海道、いわゆる主要幹線道路、どれほど多くの人々が
行き交ったことか。各地からの大名行列も、一般の人々も、さぞにぎわっていたこと
だろう。その頃からここにある「杉」。
いろんなことを見てきたのだろう。


今では、すぐ頭の上を国道1号線、トラックがガンガン飛ばしていく。排気ガスいっぱい。
おまけに、片側下が崩れて根っこがむき出しになっている。
ガンバレ!杉ちゃん。

関宿 西の追分


赤坂頓宮跡(三重県亀山市関町木崎)

小学校と幼稚園の真裏にあたる。
この丘にいると、絶え間なく子供たちのにぎやかな声が聞こえてくる。
やはり昔昔から人々の集う場所だったのだろう。
それもにぎやかなことが大好きな人たちの。
伊賀市の「都美恵神社」を思い出した。
まったく同じだった。あそこも常に子供たちのにぎやかな声が響いていた。

ここから、前方の関神社(木立のところ、右遠方)にかけて土師器が出土しているとのこと。
また、この付近の地名を「姫御前」という。

関宿 東の追分
ここから名古屋方面と伊勢方面に分かれる

御厩の松 (三重県亀山市関町古厩)

つい最近まで(といっても古いが)、健在だった。
昭和57年に枯れてしまった。
なんとなく記憶にあるような気がする。
この横を車で走っていたのに。
人間の記憶なんて、アテにならない。
当時の写真が掲示されている。これ↓

大井神社跡地の碑

50mほど北東に離れて、ご神体の井戸跡がある。

椋本の大楠(三重県津市芸濃町椋本)




まだまだ元気。元気。葉っぱも元気。

近くに(西側)ある木。何の木だろう。
これでも相当大きい(樹齢200年くらいかな?) けどこの大楠の横だとかすんでしまう。

グリーンロードを南下していくと、安濃町戸島あたりに
ケヤキが4本、これがまたいい。

一番大きいもので、周囲350cm以上はありそう。樹齢も250年~300年くらいはいってるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>